企業情報

大栄グループは、創業以来、お客様との深い絆を築き上げています。

大栄グループ 会長・社長メッセージ

大栄建設株式会社 会長 御挨拶

大栄建設株式会社社長

大栄建設株式会社社長

このたび弊社取締役会に於いて、代表取締役社長を辞任し会長に就任いたすことになりました。

社長在任中は多年に渡り一方ならぬご懇情を賜りましたことを有難く厚くお礼申し上げます。

私が創業当時より目指してきた「志」は、お客様と心から思いを通わせ、ご希望を十分に承って、創意工夫したご提案をお届けし、長い年月に渡って御愛用いただける建物を建設することでした。社員教育におきましても、常にその精神を受け継いで貰えるよう努力して参りました。

次期社長に就任する下郡重美氏は、創業当初より艱難辛苦を共にして支え合ってきたパートナーであり、社業のさらなる飛躍を託すことのできる唯一の人物です。

さて、建築業界は現在非常に厳しい状況となっています。東日本大震災の復興事業、また2020年の東京オリンピックに向けて労働者不足が懸念され、さらに職人の高齢化など様々な問題を抱えています。

かつてない厳しい環境の中で、社業を発展させていくためには、より一層お客様との関係を深め信頼を得て、ご満足いただける建築物を造り上げて行くことだと思っています。

今後は、会長という立場から大局的に社業を見守って参りますので、皆様の変わりないご愛顧をお願い申し上げます。

大栄建設株式会社 株式会社ダイエースコープ 社長 御挨拶

株式会社ダイエースコープ社長

株式会社ダイエースコープ社長

この度、大栄建設創業者 後藤社長より事業を継承することとなりダイエースコープとの両輪を担うことになりました。

これは大変な重責であり、中小企業にとってオーナー社長の経営手腕そのものが会社自体の強みを発揮したり、存立基盤になっていることが非常に多く、成功も失敗も継承する私次第であることと重く受け止めております。

まずは、後藤社長が30年間築き上げてきた歴史を大切に受け継いでいきたいと思います。

その為には、この大栄グループに関わっている人みんなが、経営者と共に一致団結して目標に向かって頑張れば遣り甲斐のある仕事となり会社もさらに繁栄していくと信じています。

今後も社員とのコミュニケーションを大切に風通しのよい環境づくりに鋭意努力して参ります。   

また昨今の厳しい経済情勢の折、当社の進むべき方向をきちんと見極めた判断のもとで社員が安心して働ける職場環境を維持することも、私の大きな役目であると認識しています。

これからも変わらず皆様のご期待に添うべく精一杯努力して参りますので、何卒ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせ

ページトップへ